「ほにや」オリジナルふ菓子

ほにや ほにや ほにや よさこい踊らにゃそんそん・・・
と、よさこい鳴子踊りの音楽が聞こえてきそうな
ほにやさんオリジナルデザインのかわいいふ菓子です。
しょうが味、ゆず味、黒糖味の3本入で、
高知市帯屋町店1階で販売中です。
Sbsh0123


Sbsh0121

| | コメント (0)

「銀不老 豆植え」 と 「銀不老ふ菓子」

銀不老豆(ぎんぶろうまめ)ってご存知だろうか。
高知県長岡郡大豊町で栽培されている
黒色のインゲン豆のことでで、日本で唯一ここの地域のみで
栽培されている希少価値のあるお豆さんです。
銀不老豆には、抗酸化作用のあるアントシアニンや
カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維等々含まれていて、
栄養価が大変高いようで不老長寿の豆と言えるかも知れません。

先日、主催者の城西館さん、大豊町の地元農家の方、高知大学生の方、、
銀不老製品を製造している業者の方や販売している方及び家族の皆さんと
いっしょに銀不老の豆植えに参加させていただきました。
昨年秋の収穫祭に続いて2回目の参加です。

1_3


2
3


4


5_2
              豆植え作業

6


Photo_3
大豊町こんどうストア様の銀不老ごはんのお弁当。お昼に皆さんといっしょにおいしくいただきました。

Photo_2銀不老ふ菓子(高知市上町2-5-34 TEL:088-875-0130 城西館様のオリジナルふ菓子です。城西館様の売店で販売しています。)


Img104_4


| | コメント (0)

国内麦ふ菓子4種類あります

国内麦(北海道産小麦粉)で作ったふ菓子が4種類あります。

国内麦ふ菓子いちご(3本入)324円

北海道産小麦粉と北海道産小麦グルテンと北海道産てんさい糖と高知産苺で作ったふ菓子です。
焼麸の仕込み水に、土佐四万十川源流点の不入山(いらずやま)の湧き水を使用しています。
Photo


国内麦ふ菓子ゆず(3本入)324円

国内麦ふ菓子ゆず3本入手作り土佐ふ 昔なつ菓子
北海道産小麦粉と北海道産小麦グルテンと北海道産てんさい糖と高知産柚子で作ったふ菓子です。焼麸の仕込み水と砂糖の溶き水に、土佐四万十川源流点の不入山(いらずやま)の湧き水を使用しています。
Photo_2


国内麦ふ菓子しょうが(3本入)324円

北海道産小麦粉と北海道産小麦グルテンと北海道産てんさい糖と高知産黄金生姜で作ったふ菓子です。焼麸の仕込み水と砂糖の溶き水に、土佐四万十川源流点の不入山(いらずやま)の湧き水を使用しています。
Photo_3


国内麦ふ菓子黒糖(3本入)324円

北海道産小麦粉と北海道産小麦グルテンと黒蜜で作ったふ菓子です。
焼麸の仕込み水と黒蜜の溶き水に、土佐四万十川源流点の不入山(いらずやま)の湧き水を使用しています。
1

| | コメント (0)

なんこく まほら(高知龍馬空港売店名)にて高知県の各種生姜商品販売中

Cimg1019
高知龍馬空港2階の売店「なんこく まほら」にふ菓子を
1ヶ月間置いていただけることになりました。
高知県は、生姜生産量日本一で、
高知県の生産者が生姜を使った加工品を空港の他の売店といっしょに
1ヶ月間重点的に展開するのが目的で、
当店の「ふ菓子しょうが」がその中の一品となりました。
「なんこく まほら」さんの店の前のワゴンに並んでいます。
店内にもふ菓子黒糖、ゆず、青のり、いちごも並んでいます。
おみやげにどうぞ。


「土佐のしょうがで体も心もあったまってよ」

Cimg1012店内のふ菓子各種

Cimg1010

Cimg1013やなせたかしさんがパッケージをデザインしたありがとう煎餅としょうが味のごめん飴。


| | コメント (0)

大阪難波高島屋大阪店全国駄菓子コーナーのふ菓子

Fugasi
 大阪難波高島屋大阪店全国駄菓子コーナーに、並べられている当店のふ菓子ゆず、ふ菓子黒糖、ふ菓子しょうがです。

 場所は、全国銘菓百選に併設しているところで、以前訪れたことのある石川県金沢市の俵屋さんのあめや、小さい頃食べた前田のクラッカーや金平糖等々が並べられていて、懐かしさと共に江戸時代、大正時代、昭和時代、平成時代と黙々と営んでいる各製造者の心意気を強く感じ帰ってきました。

| | コメント (0)

「ふ菓子しょうが」に使用の生姜

 当社の「ふ菓子しょうが」に使用している生姜は、高知県産の黄金虚空蔵Ⅱ(おうごんこくぞうつう)生姜です。
 平成3年高知県土佐市虚空蔵山のふもとで、収穫作業中、突然この黄金しょうがは現れました。突然変異なのでしょう。以後年々品種改良を加えて来たようです。この純粋な高知県産生姜は、香りと辛味が抜群で、鮮やかな黄色味は変色しないのが特徴です。

4黄金虚空蔵Ⅱ(おうごんこくぞうつう)生姜生産者の皆さんです。

Photo_2黄金虚空蔵Ⅱ(おうごんこくぞうつう)生姜です。

1_2

| | コメント (0)

和食れすとらん司インター店土佐みやげコーナーオープン  

 高知自動車道を降りて外環状線の久万川の橋を下った最初の交差点角に土佐料理和食れすとらん「司」インター店がある。この店の一角におみやげコーナーが改装され新たにオープンした。おみやげコーナーにふ菓子黒糖、ゆず、いちご、青のり、しょうがの5種類が並んでいます。

 このおみやげ品コーナーの店舗デザイン担当者が我店の前の江ノ口小学校の同級生だった。オープンしたばかりに行って会った。47年ぶりだった。言葉でうまく表現できないが、頑張っている姿に嬉しさが込み上げてきた。
Cimg7250_2
Cimg7247_2

| | コメント (0)

ご縁で

 この度、良品工房の社長さんと

伊勢丹本店の方がセミナーの講師として来高されたことがご縁で

ふ菓子黒糖、ふ菓子ゆず、ふ菓子しょうがを

東京都新宿区にある伊勢丹本館地階食品フロアーシェフズセレクション

良品工房さんのコーナーへ置いていただけることになりました。

 高知県は、84%が森林(森林面積日本一)で、自然に恵まれ四万十川の源流点

のある不入山(いらずやま)の清浄な湧き水を焼麸の仕込み水と砂糖の溶き水に

使用してふ菓子を作っています。ふ菓子に使用している「ゆず」や「しょうが」の

生産量は全国トップクラスで土佐の自慢できる素材です。

 これら土佐の自慢できる素材を使ったふ菓子を

お近くへお越しの際は是非お買い求めください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読売新聞朝刊ふ菓子の記事

2009年1月3日(土)読売新聞高知地域版のページに「新土佐の味力」「高知・麩菓子 天然・地場産こだわり」のタイトルで載せていただきました。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kochi/feature/kochi1230723372210_02/news/20090102-OYT8T00356.htm
以下が読売新聞高知地域版のページに載せていただいた全文です。

新土佐の味力<2> 
天然・地場産こだわり

 店ののれんをくぐると、外の喧騒(けんそう)が消え、時間が止まったような静寂が訪れた。創業61年を迎えた高知市愛宕町の横山製麩所(せいふしょ)。棚には様々な商品が並ぶ。麩菓子は、黒糖、ショウガ、ユズ、青ノリ、イチゴ味があり、カラフルな黄色やピンクが目に飛び込んでくる。袋を開けると、飾り気のない香りが辺りを包んだ。生地はキメが細かく、口に入れると、溶けていく感じが心地よい。水は四万十川の源流水。使うイチゴ、ショウガ、ユズ、青ノリはすべて県内産だ。香りと風味を生かすため、香料は一切使用しない。「高知の素朴さにこだわりたいから」。横山明社長(59)が大切にしている思いだ。

 焼き麩の専門店として、先代が始めた製麩所を大学卒業後に継いだ。商品開発に力を入れ、生麩や麩饅頭(まんじゅう)、麩菓子など「正確にはわからないが、50種類以上はある」と胸を張る。

 しかし、県内での売れ行きは好調だったが、県外に販路を広げるのは難しかった。全国の物産展に赴いても、経費が売り上げを上回るほどだった。その時、物があふれる世の中で、「地元のものを使い、こだわりを持って作らないと売れない」との思いを強くした。

 まず見直したのが原材料。仕込み水を、水道水から、知人を頼りに見つけた四万十川源流点のある津野町の不入山(いらずやま)の水に替えた。ユズ、ショウガなど全国に誇れる県の特産品にも目を付けた。若者に人気があるイチゴ味の麩菓子に使っているイチゴは3年前、妻のフミ子さん(59)が教えてくれた。漢方農薬などで育てた香美市香北町のイチゴのおいしさに、すぐに決断。味だけでなく、色も2種類をミキサーにかけて絶妙な赤みを出している。

 素材をストレートに生かすのもこだわりの一つ。香料を使えば強い風味に簡単に仕上げられ、コストも抑えられるが、「何のために県外に出すのか。意味がない」と天然物しか使わない。高知の素朴さ、素材の良さを最大限に生かすためだ。熱加減や包装方法の研究を重ね、天然の風味にこだわり抜いた。

 その一方で、柔軟性も忘れない。イチゴは、収穫時期によって酸味が違うことに気付くと、2、3月の甘いイチゴを果汁にして冷凍し、5、6月の酸味の強いイチゴに混ぜることを考案中。試行錯誤を重ねている。

 販売方法も、柔軟に対応する。50歳を過ぎてからインターネットのホームページ作成に挑戦。講習会に足を運び、栄養分析や、客のコメントを載せるなど内容を充実させ、販路拡大の足がかりをつかんだ。今では、関東からの注文が最も多いという。

 豊富な食資源があるが、生かし切れていないのが県の現状と分析し、「県外に出荷して、“外貨”を稼がないと生き残れない」と説く。「地元産にこだわることで、農家、加工者ら、県内でお金が回る。長期的に持続できる仕組みを作り、県外に売り込みたい」。県内で唯一の麩専門店が、地元産品で仕上げた麩菓子を通して、活気あふれる高知の実現に夢を膨らませている。(島田喜行)

横山製麩所

(電)088・872・3670

(2009年1月3日 読売新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道札幌市 ワインショップフジヰさん 新店舗オープン 

 北海道札幌市中央区南3条西3丁目1-2にワインショップフジヰさんが移転オープンしました。
 当店のふ菓子黒糖とふ菓子ゆずを置かせていただくことになりました。焼麸の仕込み水と黒糖や砂糖の溶き水に土佐四万十川源流の湧き水を使い、ふわ~っとソフトに仕上げた手作りのふ菓子を是非お買い求めください。

ワインショップフジヰさんのホームページです。http://www.wineshop-fujii.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)