やさしい蛍のひかり

 

オーベルジュ土佐山で蛍祭りがあった。

川辺の源氏蛍や山側の姫蛍も今年は少なかった。

もうピークを過ぎたのかもしれない。

飛んできた姫蛍が手のひらにそっと着地した。

蛍の光がピッカピッカゆっくりやさしい光を放っていた。

| | コメント (0)

木屋橋(きやばし)

 1月4日、11時半よりホテル日航高知旭ロイヤルで高知食品流通業界賀詞交歓会があった。
県内、県外合わせて約500名の出席者で、知事さん市長さんの挨拶から始まり
名詞交換の長蛇の列がいくつも出来ていて、1時間の賀詞交歓会はあっという間に終わった。
Photo
 ぶらりゆっくりと菜園場商店街を歩いて帰っていると、新堀川沿いの横堀公園が目に入り、
ふとこの辺かなという思いが頭をよぎり、公園内に入り、川沿いに立ってみた。
この辺かなと頭をよぎったのは、この場所に「木屋」という藩外からの要人を接待する土佐藩御用命の宿が
あったからだ。西郷隆盛、木戸孝允、大久保利通が1871年土佐に来て、この新堀川沿いの「木屋」に宿泊したとのこと。
150年の歳月が流れたが川沿いの石垣は当時のまま。この横堀公園内には、土佐勤王党首だった
武市半平太の碑がある。道場のあったのは、公園北側、道路をへだてた斜め前にあったようだ。
新堀橋上で川面を眺めていたら、20cm位の「もくず蟹」がゆっくり移動していた。
一瞬「エガニ」かと思ったが、よく見ると菱形でなく四角い形なので、「もくず蟹」だと思った。
この辺で以前、エガニが生息していたが、採り尽したと聞いていたので、「もくず蟹」だと
判断した次第です。淡水にしか生きられないと思っていたが、
この蟹は汽水域でもしっかり生きていけれるのだなと感心した。
桜井橋付近の干潟では、相変わらず「チゴ蟹」が万歳を繰り返し、夏たくさんいる「フタバカク蟹」は、
冬の寒さで巣籠もりしており、2匹だけ日なたぼっこをしていた。ここの干潟は、道路拡張の対象にならず
ほっとしている。夏が来れば「とびはぜ」が水中から干潟に上がって来て、有明海の「むつごろう」のように
胸ひれを上手く使って移動したり、白い腹を見せて日なたぼっこをしたり、まばたきしたり、ジャンプしたり、
かわいい姿を見せて楽しませてくれる。
「木屋」は、今の四国銀行木屋橋支店辺りにあったのだろう。
「かるぽーと」の建つ前は、高知市中央市場があり、近くに鉄橋があったのを覚えている。
この版画は、高知県県展特選3回受賞し無鑑査の片木太郎さんの作で、
1980年当時の木屋橋界隈の風景が描かれている。
さかのぼって、約150年前、国を大きく動かした人達が土佐に足を運び、
木屋に宿泊し、この木屋橋周辺を散歩していたかもしれない。「木屋」が西郷どんに献上した下駄が今でも
保存されている。木屋という地名は今後もずっと数々の歴史をたずさえて残っていくことだろう。

| | コメント (0)

白鳩

 暮れも押しせまった12月30日、店の戸を開けると

歩道の小石をついばんでいる白鳩が目に飛び込んできた。

数十年間、店の前で見たことは一度も無く、

あわてて携帯のカメラのシャッターを押した。

白鳩は幸運をもたらすというが、果たして・・・・・・・・・

Photo

| | コメント (0)

四国カルスト天狗高原から見る天の川

数年前、天狗高原にある天狗荘で
展示してある天の川の写真を見ていつかこの目で
天の川をぜひ見たいと思った。

7月から毎日ネットで天狗高原の天気予報を見ていたが
日中は晴れているが夜くもりの日が続いていた。
8月満を持して快晴の天気予報に期待して初挑戦するも
天狗荘の駐車場はたちこめる雲ですっぽりおおわれ
視界20m。残念。
2時間かけて家路につく。

8月別の日に再挑戦。Photo_3

この日は天気予報通り快晴で天狗荘駐車場で初めて天の川を見る。
夜9時頃、真上の夜空に二層の帯状の雲のように見えたのが天の川。

小さな星の集団でキラキラ明るく光っているのかと思いきや
雲のように帯状に見えたので想像していたイメージが大きく外れた。
だが、夜空いっぱいたくさんの星が見え、
星の満員御礼の垂れ幕を出したいくらいで
とても感動し、大満足だった。

高知市内で見る夜空は、街の灯りで星はあまり見えず、
逆に鼓の形をしているオリオン座はすぐわかるが、
ここでは星が多すぎてオリオン座はさっぱりわからなかった。

我々が住んでいる地球のある天の川銀河の距離幅は、
光の速度で端から端まで10万光年かかるとのこと。
1秒間に光の速度は、30万km進むので10万年かかるとは
想像を絶する大きさだ。
1つの銀河に星が1000億個から2000億個あり、
宇宙には、その銀河が数千億個あるとのこと。
宇宙のことを研究している人たちは、宇宙の不思議さ
神秘さに興味が尽きないのではないだろうか。

今回見た天の川は、
天の川銀河の中から大きな天空を仰いで
天の川銀河の中にある天の川を見たことになるのですね。


| | コメント (0)

春の訪れ

春が来た。高知市布師田の道路沿いの「つくし」、
高知県大豊町南大王の福寿草も満開できれいだった。
昨年までは、福寿草祭りとして地域の方がお世話していたが、
今年から高齢化で世話ができず福寿草祭りが中止となっていた。
誰一人見学者がいなっかたが、
幾層にもなっている斜面に見事咲き誇っていた。
以前に地元の人に聞いたのだが、
南大王のような高度に福寿草が自生できるそうで、
日本に数ヶ所あるとのことでした。
植え付けなど何もしなくても自然に増えていくそうな。
880kb


250kb


Photo

| | コメント (0)

六つ葉のクローバー見つける確率1600万分の1とか

五つ葉のクローバーまでは見つけたことがあったが
偶然、六つ葉のクローバーを四万十川の河川敷で見つけた。
巷では、四つ葉を見つける確率は1万分の1から10万分の1
     五つ葉は100万分の1
     六つ葉は1600万分の1だそうで
確率から言うと気の遠くなるような数字だが、
偶然と童心が重なれば、気の遠くなるような数字をいとも簡単に
超越して見つけることができるものだと思った次第です。
Photo

| | コメント (0)

もしこの世の中に、風にゆれる「花」がなかったら・・・・・・

久しぶりに香川県高松市屋島の南山麓にある四国村を訪れた。
ここは、四国各地から移築された古民家33棟が復元されている。
円形の牛を使った砂糖しめ小屋、小豆島農村歌舞伎舞台、
醤油蔵・麹室などわらぶき屋根の古民家が点在していた。
散策の途中に四国村ギャラリーがあり、
ちょうど 中原淳一原画展が開催されていた。

初の里帰り原画展ー美しい女性(ひと)-というタイトルだった。
特に印象に残った原画は、やはりチケットの表面に載せられていた。
Photo_5

壁一面に書かれた「もしこの世の中に・・・・・・」という文章が
とても良かったので手帳に写し、帰宅し何気無しにチケットの裏を見ると
手帳に写した文章がそのまま印刷されていた。
やっぱりそうだよな、同じように感じるものが。
主催者の思いがよく伝わってきました。
半世紀以上経ても色あせぬデザインの数々、
すばらしい原画展でした。


もしこの世の中に、風にゆれる「花」がなかったら、
人の心はもっともっと、荒んでいたかもしれない。

もしこの世の中に、「色」がなかったら、
人々の人生観まで変わっていたかもしれない。

もしこの世の中に、「信じる」ことがなかったら、
一日として安心してはいられない。

もしこの世の中に、「思いやり」がなかったら、
淋しくて、とても生きてはいられない。

もしこの世の中に、「小鳥」が歌わなかったら、
人は微笑むことを知らなかったかもしれない。

もしこの世の中に、「音楽」がなかったら、
このけわしい現実から逃れられる時間がなかっただろう。

もしこの世の中に、「詩」がなかったら、
人は美しい言葉も知らないままで死んでゆく。

もしこの世の中に、「愛する心」がなかったら、
人間はだれもが孤独です。
                     中原淳一

| | コメント (0)

大豊町定福寺周辺の山野草

高知県大豊町定福寺周辺の山野草がきれいに咲いている。
訪れる人もごくわずかで、春を満喫してきた。
平野部で時間差にして一ヶ月ほどあるのに
ここではぎゅっと凝縮していっせいに横並びに咲いている。
花や木の品種名が丁寧に書かれ、
全域に手入れがいきとどいているのを見て感心した。
紫もくれんや土筆は、平野部では咲き終わっていたり、
すぎなになったりで今年はもう出会うことはないと思っていたのだが。
熊蜂が盛んに花の蜜を求めて花から花に渡っているのを
執拗にカメラを近ずけて写して家に帰り画像をじっくり見ると
蜜を吸いながらこちらをしっかりにらんでいる。ぞっとした。
すずめ蜂だったら口をかちかち鳴らして攻撃されるかもしれないが
時々熊蜂にはかなり接近して写すが攻撃されたことはない。
熊蜂は温厚な性質かもしれない。
足なが蜂には、額に2発、腕に1発刺されたことが過去にある。
接近にご用心を。

Photo_2熊蜂

Photo熊蜂

Photo_3


Photo_4


Photo_5
ままごとの飯もおさい(おかず)も土筆かな 
星野立子(高浜虚子次女)1937年
今年見納めのつくしになりそうだ。

Photo_6花もも

Photo_7


Photo_8紫もくれん

Photo_9


Photo_10しゃくやく

Photo_11小さく実をつける梅

Photo_12れんげ

定福寺境内からさらに数百メートル坂道を行くとぎゃらりーがあり
窓に次のことが書かれていた。

人の世は山坂多い旅の道

還暦  六十才
     とんでもないよと追い返せ

古希  七十才
     まだまだ早いと突っぱなせ

喜寿  七十七才
     せんな老楽これからよ

傘寿  八十才
     なんのまだまだ役に立つ

米寿  八十八才
     もう少しお米をたべてから

卒寿  九十才
     としに卒業はない筈よ

白寿  九十九才
     百才のお祝いがすむまでは

茶寿  百八才
     まだまだお茶が飲みたらん

白王寿 百十一才
      そろそろゆこか日本一


おもしろいことを考える人がいるもんだ。

帰りに、本山町の帰全公園に行くとしゃくなげが咲き始めていた。
春がいっぱい来ている。
Photo_14


| | コメント (0)

みてみいや 奈半利港から見る だるま夕日

2
すばらしいだるま夕日だった。
5時半過ぎの高知県安芸郡奈半利港。
水平線近くにゆっくり沈もうとしている夕日。
日によって見える日と見えない日があるらしい。
家内の予想が見事的中。
グッと寒い日が来た時は、見える確率が高くなるらしい。
あっという間の事だったが、
この歳になって私も家内も初めてだるま夕日を見た。
Photo

| | コメント (0)

Vプレミアリーグ男子バレーボール応援記

4
1月24日25日と高知県立県民体育館でVプレミアリーグ
男子バレーボール高知大会があった。
縁あってジェイテクトSTINGSの応援席をとってもらい、
家内といっしょに応援した。
1プレイごとに両者が応援合戦を繰り広げ、
ビニールの細長い2本の棒をたたいたり、
交互に突き上げたり、声を張り上げたり楽しく応援させて
もらった。
対戦相手の堺ブレイザーズの応援団長は、
一人気を吐いているように見え、
姿や仕草がとてもリズミカルでおもしろく、
遠目でチラチラ目に飛び込んでくるものだから
笑っていたら試合が終わっていた。
ジェイテクトの対戦相手は、24日は、堺ブレイザーズと。
25日は、豊田合成トレフェルサと。
両日とも応援したジェイテクトが勝利した。
バレーボールを直に観戦するのは初めてで、
日本の上位8チームのリーグ戦なので
見ごたえのある試合だった。
両日に行われた別の2試合は、
JTと豊田合成、JTと堺ブレイザーズだった。
3

| | コメント (0)

より以前の記事一覧