« 読売新聞朝刊ふ菓子の記事 | トップページ | 四万十川すじ青のり »

二度と経験することが出来ない旅

 オバマ第44代アメリカ合衆国大統領の就任式を,深夜3時過ぎまで生中継で見た。
全米各地から集まった200万人ともいわれている国民を前に演説していた。

 演説を聴きながら、38歳の時、アメリカ南部の都市ジョージア州アトランタにあるカーター事務所(センター)で当時カーター前大統領にお会いした時の事が脳裏に浮かんできた。

 日本青年会議所全国大会の高知開催が決まり、第39代アメリカ合衆国カーター大統領をお招きして記念講演をしていただこうということになり、7人でアメリカへ日程などのスケジユール打ち合わせのため行くことになっていたようだ。ところが7名の中の1人が別の用事ができて行けなくなったようで、定例会のあとの懇親会の席上、たまたま隣の席に座ってきた大会実行委員長から「アメリカへ行きませんか」と誘われた。
冗談でしょう。冗談も休み休み言って下さいよといった感じだった。当時、日曜、祭日、正月、お盆も関係なく生ものの製造の仕事があり、行けれる訳がなく、お得意先に迷惑をかけるので100%無理だと自分自身思っていた。
ダメを承知で恐る恐るお得意さんのところへアメリカへカクカクシカジカで行きたいので1週間休ませてもらえませんかと説明に回ったところ、意外にも皆さんがこんな機会はないからぜひ行って来たらとポンと背中を押してくれ、アメリカ行きが決まった。

 7人のメンバーは、現在テレビ東京で「ワシントンリポート」の番組のリポート役に出ている日高義樹さんの奥様にカーター事務所へ案内していただいた。
事務所では7人メンバーがそれぞれカーターさんに挨拶をし握手をした。
事務所に行く前日にアトランタの本屋さんで釣りが大好きなカーターさんの自著出版の釣りの本を購入し、その本の表紙の裏にサインをしてもらった。
to akira yokoyama   jimmy carterと。
Toakirayokoyama
Anoutdoorjournal_3

Jimmycartercenter_2


 カーター事務所の隣にカーターミュージアムがあり見学をした。在任期間中の活動記録、会話記録、資料が全て保管展示されていて、年間100万人が訪れるとのことで辞められてもアメリカ大統領への敬意の念が強いことを改めて感じた。

 アトランタから帰途、ニューヨーク、ワシントンに立ち寄った。ワシントンではリンカーン記念館やアーリントン国立墓地を訪れた。この墓地には、第35代ケネディ大統領が眠っており、永遠に絶えることのないガスの小さな炎がメラメラと燃えていて、墓のまわりには、有名な名演説が石に刻まれていた。


And so, my fellow Americans
ask not what your country can do for You
Ask what you can do for your country.

(わが同胞のアメリカ人よ、あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか。)J・F・ケネディ 大統領 就任演説より

オバマ大統領の演説の最後の下りの中で「我々は新たな責任の時代に入ることで、国民の一人一人が自分自身、自分の国、そして世界に対して何をすべきか考え前向きに取り組むことだ」との演説がJ・F・ケネディ 大統領の演説と同じ認識で語っていると思った。


・・・・・・・・・・・・・たまたま隣の席に座ってきた大会実行委員長が、もし隣に座って来なかったらどうなっていただろうか。多分約200名近くいた会員の中の誰かがアメリカに行ったことだろう。行くのに条件の悪い自分に話が来るなんて・・・・・。結果的に今思えば、あの時何気なしに座った席はカーターさんに会いに行くことができる席であって、一つ隣の席だったら行けなかったかもしれない。紙一重のきわどい差で二度と経験することが出来ない旅の話が思いもかけずやってきたものだ。

 その後、カーターさんは、予定通り高知に奥様といっしょに来られ記念講演をされた。2002年ノーベル平和賞を受賞し、現在も活躍されている。

|

« 読売新聞朝刊ふ菓子の記事 | トップページ | 四万十川すじ青のり »

コメント

本当にそうですね。海外旅行は無理してでもいけるときに行っておきませんと。

 わたしも横山さんと前後して88年と89年にワシントンとNYへ行きました。そのおり「9・11」で崩れた世界貿易センタービルの最上階レストランへも行きました。

 それからもう20年以上も海外旅行とはご無沙汰です。今でも献血するたびに、海外渡航先は?と聞かれるので思い出しますが・・・

投稿: けんちゃん | 2009.02.12 午後 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17600/43815421

この記事へのトラックバック一覧です: 二度と経験することが出来ない旅:

« 読売新聞朝刊ふ菓子の記事 | トップページ | 四万十川すじ青のり »